ライフバンテージに向いている人・向いていない人の境界線とは?

ライフバンテージ

ライフバンテージは、誰でもできるビジネスではありますが、やはり向いている人・向いていない人の違いは存在します。
また、ビジネスを続けられない決定打となってしまう性格もあります。
今回は、ライフバンテージの適性についてご紹介していきます。

向いている人は「経営者」の仕事を理解している人

ライフバンテージは、会員一人ひとりが主役のビジネスです。
言い換えれば、一般的な会社員のように、パーツとしての仕事をただ淡々とこなすだけでは不十分です。

自分で売るための商品を購入して、自分で販売して、自分でより良い勧誘方法を考え続ける必要があります。

経営者になれば、これに加えて社員のマネジメントをしなければなりませんが、ライフバンテージにおいてはダウンラインの教育がそれにあたります。

このことから、ただ会社の歯車として働いているのではなく、普段から経営者が何をしているのかにまでイメージを膨らませて仕事に臨んでいる人が、ライフバンテージに向いている人と言えるのです。

 

向いていない人は仕事の流れを理解しない人

ライフバンテージに向いていない人は、簡単に言えば向いている人の逆を行く人たちです。
言い換えれば、商品が売れないことを誰かのせいにしたり、売るための商品を仕入れることを躊躇したり、ダウンラインへの教育を怠ったりする人たちです。

ダウンラインを持っている人たちの中にも、このような考え方をしている人は一定数存在しています。

彼らの言い分には、以下のようなものがあるでしょう。

「勧誘されたとき、簡単に売れるって聞いていた。」
「こんな商品にニーズがあるはずがない。」
「自分の言うことを誰も聞いてくれない。」

本人にとってはそうかもしれませんが、相手には相手の都合というものがあります。
その点を考慮した対応・指導ができないのなら、ライフバンテージは止めた方がよいでしょう。

 

自分をより良い方向へと変化させられるかどうか

日本タッパーウェア,友達,断り方

どのようなビジネスにも言えることですが、成長・変化の兆しを感じたとき、人はより良い仕事ができるようになります。
逆に言えば、変化のない暮らしを望む人にとっては、ライフバンテージは特に向いていないと言えるかもしれません。

また、人から受けた指摘を率直に受け止められない人にとっても、ライフバンテージは良い選択肢とは言えません。
自分よりも高い実績を出している人の意見を受け入れられない人が、成長できる望みは薄いからです。

思い当たる方は、自分のやりたいことをもう一度見直した方がよいのではないでしょうか。

 

まとめ

ライフバンテージに向いている人、向いていない人の境界線は、経営者に向いているかどうかと言い換えられるかもしれません。
自分を謙虚に見つめ直して変化し続け、他者に責任を求めない人が、ライフバンテージに向いていると言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました